<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

身長を伸ばすためには運動が大切

身長を伸ばす三大要素、三つ目は運動です。運動は、我々現代社会に生きる人たちにとっては大きな課題の一つとなっていますね。メタボリックなどといわれないように、運動不足は解消したいものです。身長を伸ばす観点からも、運動は非常に重要です。まず、運動することによって、脳下垂体に刺激が伝わり、成長ホルモンなど各種ホルモンが分泌されます。食欲も増進し、その後、快眠にもつながることでしょう。そうすると熟睡することによってさらに成長ホルモンの分泌も期待できます。身長が伸びるのは骨が成長するということですが、骨の成長にも運動は大切です。骨は、骨端線といわれる端の方が成長するのですが、骨端線に縦方向の刺激を与えることが成長によいのです。適度な圧力が加わると、骨端線が成長し、骨が伸びていきます。しかし、過度の負荷がかかると逆効果となりますので、注意が必要です。走ったりジャンプしたりする運動、具体的には、縄跳びやジョギング、バスケットボールやバレーボールなどの運動が適しています。適度な運動によって骨や筋肉の発育を促すと、正しい姿勢の維持にも役立ちます。姿勢が悪いとまっすぐな骨の形成に悪い影響がありますので、これも注意が必要です。適度な運動を継続することで、食欲が増し、快眠が得られて、成長ホルモンの分泌が活発になりますので、ぜひ、取り入れたいですね。

身長を伸ばすための睡眠

身長を伸ばすために重要な要素として、成長ホルモンの作用があげられますね。成長ホルモンは、その名の通り成長にかかわるホルモンです。身長がもっともよく伸びる成長期には、成長ホルモンの分泌が活発になっていて、全身で働いているので体全体が大きくなります。成長ホルモンをたくさん分泌させて、効果的に働かせるのが身長を伸ばすカギともいえるでしょう。成長ホルモンは、睡眠中によく分泌されます。寝る子は育つという言葉も、科学的な裏づけがあるんですね。横になって、重力から骨を開放し、圧迫されていた軟骨のストレスをなくすという効果とともに、寝るということは成長ホルモンの分泌にも影響します。ストレスを感じるとアドレナリンが分泌されて興奮状態になり、睡眠の妨げになります。成長ホルモンは、血糖値があまり高くないほうが分泌しやすいので、寝る前の夜食も控えたほうがいいですね。メラトニンという眠くなるホルモンがありますが、これは光の刺激で減少しますので、夜、寝るときに明るくしているとメラトニンが減少してなかなか眠くならないこともあります。寝るときはなるべく暗くして寝るほうが熟睡しやすいですね。また、テレビやゲームなどは脳に余計な刺激をあたえることになりますので、寝る前は控えたほうがいいでしょう。整理すると、夜、なるべくストレスをなくしてリラックスし、夜食やテレビ、ゲームなどを控えて、暗くして熟睡する。十分な睡眠時間をとる。こういった努力を続けていると、睡眠時の成長ホルモンの分泌が活発になっていきます。個人差もありますので、いろいろ工夫して安眠、熟睡できるよう、気をつけてみましょう。

身長を伸ばすための三大要素、栄養編

身長を伸ばすための三大要素の一つ、栄養について説明します。五大栄養素って聞いた事ありますよね?炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミンの5つです。さらに食物繊維を加えて六大栄養素ということもあります。これは食べ物などから得られる栄養素をグループに分類したもので、栄養のバランスを考えるときにはこの分類を参考にします。この分類を参考にして、バランスよく食事を取るように心がけましょう。さらに、身長を伸ばすために特に重要な栄養素があります。カルシウム、マグネシウム、亜鉛、タンパク質の4つです。カルシウムは骨を丈夫にして骨折や骨粗鬆症を防ぎます。日本人はカルシウムの摂取量が少ないので、意識的に摂取していきましょう。<カルシウムが豊富な食品>乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)、海産物(わかめ、しらす干し、ワカサギ、干しえび、うなぎなど)、野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)、大豆製品、ごま(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)。マグネシウムはカルシウムと一緒に働きます。カルシウムとマグネシウムが2:1のときに効果が高いので、カルシウム同様、しっかりと摂取しましょう。<マグネシウムが豊富な食品>木綿豆腐、牡蠣(かき)、アーモンド、ほうれん草、大豆、インゲン豆、カツオなど。亜鉛はホルモンの形成や骨の成長、細胞の形成などに関係している重要な元素です。摂取しにくい栄養素なので、注意が必要です。不足すると、食欲減退や味覚障害などにつながるそうなので、しっかりと摂取しましょう。<亜鉛が豊富な食品>牡蠣(かき)、納豆、牛もも肉、ホタテ、豚レバーなど。タンパク質は英語でプロテインといいますが、わりと摂取しやすい栄養素です。肉類や魚類、卵、大豆などに多く含まれていますが、肉などをとりすぎると、同時に脂質も取りすぎてカロリーオーバーなんてことになりやすいですので、必要量を考えて摂取しましょう。もっとも大切なのはバランスです。牛乳を飲みさえすれば身長が伸びるということはありませんので、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

身長を伸ばす方法

身長を伸ばす方法について、いろんなことを解説します。まずは概略からはじめます。身長を伸ばす三大要素というものがあります。1睡眠、2栄養、3運動、この3つです。身長が伸びるのに必要な成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。なので睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が悪くなり、身長が伸びにくくなる可能性があります。十分な睡眠時間、そして睡眠の質が大切です。長く寝ても、快眠できないと、効果が低いですね。身長が伸びるということは、すなわち骨が成長して伸びるということです。骨の成長のためには必要な栄養素が欠かせません。カルシウムだけでなく、タンパク質や亜鉛、マグネシウムなど、バランスのとれた栄養を摂取する必要があります。これさえ食べればいいというものはありません。全体のバランスが重要なのです。骨が成長するためには、骨に刺激が与えられるのも大切です。また、熟睡のため、正しい姿勢をとるため、全体的な体作りが重要です。そのためには運動が非常に大切です。やみくもに運動すればいいのではなく、やはり身長を伸ばすために効率的な運動があります。しかし、これも単純な話ではなく、いろいろと複合的な要素がありますので、しっかりとした理解が必要です。
【コンデンスグローアップDNA】身長が伸びる長身理論に基づいて開発されたサプリメントです。成長ホルモンに働きかけて、今からでも背が伸びる!?【これこれ倶楽部】【コンデンスグローアップDNA】身長が伸...
3,129円
コンデンスグローアップDNAで、今からでも身長が伸びる!?長身を目指すためのサプ...

Ads by 電脳卸