<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

身長を伸ばすためにマシュマロを食べる

マシュマロは、身長を伸ばすことと一見関係なさそうな食べ物ですが、実は大きな関連があります。マシュマロにはコラーゲンというタンパク質の一種がたっぷり含まれているのです。このマシュマロにも含まれるコラーゲンは、肌だけでなく、骨や軟骨にもたくさん含まれています。身長を伸ばすためにはぜひマシュマロを摂取したいですよね。
コラーゲン (Collagen) は、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』マシュマロは、卵白と砂糖とゼラチンで作りますが、このゼラチンがコラーゲンでできているのです。1日に数個食べれば十分でしょう。食事の内容にあわせて、タンパク質の全体量なども考えましょう。バランスよく、栄養素を補給するために、マシュマロをコラーゲンの摂取源として活用してみてください。ただ、マシュマロには砂糖も含まれていますので、摂り過ぎるのはやはりおススメできません。また、マシュマロを食べたからといって、すぐに背が伸びるというものでもありません。あくまでもマシュマロでコラーゲンを補給するということです。もし、靭帯を怪我したときなどにも、マシュマロを食べるといいかもしれません。

体の発育に関わるホルモン

エストロゲンやアンドロゲンなどというホルモンを聞いたことがあるでしょうか。いわゆる男性ホルモン女性ホルモンと呼ばれるものです。女性ホルモンともいわれるエストロゲンには、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類があります。これらは卵巣や副腎皮質などで作られ、プロゲステロンとともに女性の二次性徴を促進させる働きがあります。その結果、女性の体は女性らしく発育していきます。これに対して、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンは、テストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロンの3種類があります。精巣や副腎から分泌され、男性の発育に関与します。声変わりしたり、体毛が濃くなったり、筋肉が発達してたくましくなったり、男性らしい体つきになってきます。これらのホルモンは、男性なら男性ホルモンしか分泌されないというわけではなく、男性の場合はテストステロンを元にエストロゲンが作られますし、女性のばあい副腎からアンドロゲンが分泌されます。どちらかしかない、というわけではなく、バランスによって体が成長していくわけです。男性ホルモンは、骨格や筋肉を作る作用がありますので、身長を伸ばすためには大切ですが、女性ホルモンは、成長を終わらせる作用がありますので、身長の伸びが止まってしまうことになります。どちらも二次性徴のころに大量に分泌され、男性は男性らしく、女性は女性らしい体つきになるよう、発育を促します。つまり、二次性徴が遅ければ、身長の伸びが止まるのが遅くなり、結果として身長が高くなるということですね。体の発育のためには、これらのホルモンは必要不可欠なものですが、身長を伸ばすためには、分泌を早めたり促進したりはしない方がいいですね。

身長を伸ばす甲状腺ホルモン

甲状腺ホルモンというのを聞いたことがあると思います。喉にある甲状腺というところから分泌されます。脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンなどによって、分泌量がコントロールされています。生存に大きくかかわる非常に重要なホルモンで、身長を伸ばすという観点以外にも大切な作用をもっています。甲状腺ホルモンは、全身のほぼ全ての細胞に作用します。細胞の呼吸量やエネルギー産生量を増大させ、基礎代謝量の維持や促進という重要な働きがあります。要するに各細胞の活動が活発化するということですね。身長を伸ばすという観点からみると、成長ホルモンが骨や筋肉を成長させるのに、その細胞の活動が活発になることで、より成長がしやすくなるというわけです。甲状腺ホルモンは生存にも重要で、過剰に分泌されるとバセドウ病といわれる病気になり、手足の振るえ、眼球突出、動悸、甲状腺腫脹、多汗、体重減少、高血糖、高血圧などをおこし、逆に分泌量が少なすぎると全身倦怠感(からだのだるさ)、発汗減少、体重増加、便秘などの症状があらわれます。身長の伸びも悪くなる可能性があります。どちらにしても、治療しなければ正常な生活がおくれなくなりますので注意が必要です。このように、甲状腺ホルモンは、身長を伸ばすことを助ける働きだけでなく、全身の細胞の代謝をよくして活発にする作用がありますので、健康な生活には欠かせないものですね。

成長ホルモンの作用と注意点

成長ホルモンは、脳下垂体の視床下部から分泌される成長ホルモン放出ホルモンの作用を受けて成長ホルモン産生細胞からパルス状に分泌されます。分泌された成長ホルモンには、2つの働きがあります。まず1つ目は成長に関する作用。主に、間接的にかかわります。成長ホルモンが肝臓に働きかけてIGF-1(インスリン様成長因子-1、別名ソマトメジンC)という物質を分泌させ、それらが骨や筋肉の成長を促進します。もう一つは代謝に関する作用です。成長ホルモンが直接作用する場合と、IGF-1を介して作用する場合と両方あります。炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進したり、体内のカルシウム濃度や血糖値などを一定に保ち、体の恒常性の維持に役立ちます。また、エネルギーが不足してくると、脂肪組織から体脂肪を放出して補います。成長ホルモンは、それ自身やIGF-1のネガティブフィードバックによって、分泌が抑制されます。つまり分泌されすぎたりしないということですね。成長期において、成長ホルモンが少なすぎると成長ホルモン分泌不全性低身長症となり、多すぎると巨人症をひきおこします。成長しきったあとでは末端肥大症となります。つまり、多すぎても少なすぎてもよくないのですね。また、成長ホルモンが正常に分泌されていても、作用する物質のメインはIGF-1のほうですので、IGF-1がしっかりと分泌されないことには十分な作用が期待できません。IGF-1は肝臓で作られますので、肝機能が低下しているとよくないですね。未成年の場合はあまり心配はいらないかもしれませんが、20歳を過ぎてまだ身長を伸ばしたい場合には注意が必要かもしれません。生活習慣をしっかりとみなおして、肝臓に負担をかけすぎないようにしましょう。また、成長ホルモンの働きによって、細胞分裂や代謝が促進されますが、これはつまり疲れた体を癒すときにも働いているということです。壊れた筋肉細胞を回復させたり、疲れた体にエネルギーを補給するたすけとなります。成長ホルモンは、身長を伸ばす以外にも大切な働きがあるのです。

ホルモンの働きを活発にして身長を伸ばす

身長を伸ばす方法として、いろいろと解説しましたが、これらの項目はすべてホルモンの働きにつながっています。身長を伸ばす方法とは、ホルモンをうまく働かせる方法と言い換えることができるでしょう。それほど、ホルモンの働きは重要なのです。直接身長を伸ばす働きがあるのはホルモンなんです。ホルモンを活発に分泌したり働かせたりするために、いろいろと食事や睡眠などの要素を取り入れるわけです。このホルモンには、成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモンの3つがあげられます。これらは三大ホルモンといわれ、身長の伸びに大きくかかわっています。まずはこれらホルモンについてしっかりと理解していきましょう。事項からはそれぞれの解説に入ります。とりあえず、身長を伸ばすためにはホルモンが最重要であることを心にとめておいてください。
【コンデンスグローアップDNA】身長が伸びる長身理論に基づいて開発されたサプリメントです。成長ホルモンに働きかけて、今からでも背が伸びる!?【これこれ倶楽部】【コンデンスグローアップDNA】身長が伸...
3,129円
コンデンスグローアップDNAで、今からでも身長が伸びる!?長身を目指すためのサプ...

Ads by 電脳卸