<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

体の発育に関わるホルモン

エストロゲンやアンドロゲンなどというホルモンを聞いたことがあるでしょうか。いわゆる男性ホルモン女性ホルモンと呼ばれるものです。女性ホルモンともいわれるエストロゲンには、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類があります。これらは卵巣や副腎皮質などで作られ、プロゲステロンとともに女性の二次性徴を促進させる働きがあります。その結果、女性の体は女性らしく発育していきます。これに対して、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンは、テストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロンの3種類があります。精巣や副腎から分泌され、男性の発育に関与します。声変わりしたり、体毛が濃くなったり、筋肉が発達してたくましくなったり、男性らしい体つきになってきます。これらのホルモンは、男性なら男性ホルモンしか分泌されないというわけではなく、男性の場合はテストステロンを元にエストロゲンが作られますし、女性のばあい副腎からアンドロゲンが分泌されます。どちらかしかない、というわけではなく、バランスによって体が成長していくわけです。男性ホルモンは、骨格や筋肉を作る作用がありますので、身長を伸ばすためには大切ですが、女性ホルモンは、成長を終わらせる作用がありますので、身長の伸びが止まってしまうことになります。どちらも二次性徴のころに大量に分泌され、男性は男性らしく、女性は女性らしい体つきになるよう、発育を促します。つまり、二次性徴が遅ければ、身長の伸びが止まるのが遅くなり、結果として身長が高くなるということですね。体の発育のためには、これらのホルモンは必要不可欠なものですが、身長を伸ばすためには、分泌を早めたり促進したりはしない方がいいですね。
【コンデンスグローアップDNA】身長が伸びる長身理論に基づいて開発されたサプリメントです。成長ホルモンに働きかけて、今からでも背が伸びる!?【これこれ倶楽部】【コンデンスグローアップDNA】身長が伸...
3,129円
コンデンスグローアップDNAで、今からでも身長が伸びる!?長身を目指すためのサプ...

Ads by 電脳卸