<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

成長ホルモンの作用と注意点

成長ホルモンは、脳下垂体の視床下部から分泌される成長ホルモン放出ホルモンの作用を受けて成長ホルモン産生細胞からパルス状に分泌されます。分泌された成長ホルモンには、2つの働きがあります。まず1つ目は成長に関する作用。主に、間接的にかかわります。成長ホルモンが肝臓に働きかけてIGF-1(インスリン様成長因子-1、別名ソマトメジンC)という物質を分泌させ、それらが骨や筋肉の成長を促進します。もう一つは代謝に関する作用です。成長ホルモンが直接作用する場合と、IGF-1を介して作用する場合と両方あります。炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進したり、体内のカルシウム濃度や血糖値などを一定に保ち、体の恒常性の維持に役立ちます。また、エネルギーが不足してくると、脂肪組織から体脂肪を放出して補います。成長ホルモンは、それ自身やIGF-1のネガティブフィードバックによって、分泌が抑制されます。つまり分泌されすぎたりしないということですね。成長期において、成長ホルモンが少なすぎると成長ホルモン分泌不全性低身長症となり、多すぎると巨人症をひきおこします。成長しきったあとでは末端肥大症となります。つまり、多すぎても少なすぎてもよくないのですね。また、成長ホルモンが正常に分泌されていても、作用する物質のメインはIGF-1のほうですので、IGF-1がしっかりと分泌されないことには十分な作用が期待できません。IGF-1は肝臓で作られますので、肝機能が低下しているとよくないですね。未成年の場合はあまり心配はいらないかもしれませんが、20歳を過ぎてまだ身長を伸ばしたい場合には注意が必要かもしれません。生活習慣をしっかりとみなおして、肝臓に負担をかけすぎないようにしましょう。また、成長ホルモンの働きによって、細胞分裂や代謝が促進されますが、これはつまり疲れた体を癒すときにも働いているということです。壊れた筋肉細胞を回復させたり、疲れた体にエネルギーを補給するたすけとなります。成長ホルモンは、身長を伸ばす以外にも大切な働きがあるのです。
【コンデンスグローアップDNA】身長が伸びる長身理論に基づいて開発されたサプリメントです。成長ホルモンに働きかけて、今からでも背が伸びる!?【これこれ倶楽部】【コンデンスグローアップDNA】身長が伸...
3,129円
コンデンスグローアップDNAで、今からでも身長が伸びる!?長身を目指すためのサプ...

Ads by 電脳卸