<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

身長を伸ばすための睡眠

身長を伸ばすために重要な要素として、成長ホルモンの作用があげられますね。成長ホルモンは、その名の通り成長にかかわるホルモンです。身長がもっともよく伸びる成長期には、成長ホルモンの分泌が活発になっていて、全身で働いているので体全体が大きくなります。成長ホルモンをたくさん分泌させて、効果的に働かせるのが身長を伸ばすカギともいえるでしょう。成長ホルモンは、睡眠中によく分泌されます。寝る子は育つという言葉も、科学的な裏づけがあるんですね。横になって、重力から骨を開放し、圧迫されていた軟骨のストレスをなくすという効果とともに、寝るということは成長ホルモンの分泌にも影響します。ストレスを感じるとアドレナリンが分泌されて興奮状態になり、睡眠の妨げになります。成長ホルモンは、血糖値があまり高くないほうが分泌しやすいので、寝る前の夜食も控えたほうがいいですね。メラトニンという眠くなるホルモンがありますが、これは光の刺激で減少しますので、夜、寝るときに明るくしているとメラトニンが減少してなかなか眠くならないこともあります。寝るときはなるべく暗くして寝るほうが熟睡しやすいですね。また、テレビやゲームなどは脳に余計な刺激をあたえることになりますので、寝る前は控えたほうがいいでしょう。整理すると、夜、なるべくストレスをなくしてリラックスし、夜食やテレビ、ゲームなどを控えて、暗くして熟睡する。十分な睡眠時間をとる。こういった努力を続けていると、睡眠時の成長ホルモンの分泌が活発になっていきます。個人差もありますので、いろいろ工夫して安眠、熟睡できるよう、気をつけてみましょう。
【コンデンスグローアップDNA】身長が伸びる長身理論に基づいて開発されたサプリメントです。成長ホルモンに働きかけて、今からでも背が伸びる!?【これこれ倶楽部】【コンデンスグローアップDNA】身長が伸...
3,129円
コンデンスグローアップDNAで、今からでも身長が伸びる!?長身を目指すためのサプ...

Ads by 電脳卸